MENU

精力増強に効く精力剤の特徴

精力増強に効く精力剤の特徴

 

精力剤は、精力増強に効くものとして、医薬品や食品を通じて摂取をする製品になりますが、主に男性に対して使用される場合が多く、ここではタイプによっても効果の違いを見ることができます。

 

男性向けの精力剤について

 

男性の精力剤の特徴としては、その効果に、仕事や私生活でのやる気、活力、行動力に効果を得ることができる内容が主になることが多く、場合によってはその原因に関してメンタル面での捉え方がされる場合もあります。しかし、実際においては肉体的なものが原因となっていることも多く、その内容としては、血流の低下やホルモン分泌の低下などをあげることができます。そして、ここでの症状は、男性器の勃起機能につながることも多く、この場合には加齢によるものや心因性によるものとがあります。
通常、対処法としては精力剤の摂取を行うことになり、ここでは、精力増強に効く製品を使用することになります。
男性が精力剤を使用する場合には、一般的には医薬品とサプリメントなどの食品によって行うことがほとんどとなっており、その成分には精力増強に効く、様々な成分が含まれています。
まず、医薬品に関しては、身近なものとしてはドラックストアなどで買うことができるビタミン類やニンニクなどの天然成分由来の精力剤があり、精力増強に効く商品となっています。また、男性の更年期障害などの改善薬としてはメチルテストステロンが医薬品として認められていることから、内服薬や軟膏剤としても販売されており、薬剤師がいる薬局でのみ購入をすることができるようになっています。この場合においては、精力剤として直接作用することからその効果も高いことが多く、精力増強に効く方法として、広く利用されています。
2つ目としてはサプリメントを使用する場合があります。ここではビタミン類や亜鉛や鉄などのミネラル類、アルギニンやシトルリンなどのアミノ酸や、他にも様々な植物や動物から抽出されたものを有効成分として製品が作られており、即効性は少ないものの、継続をすることによって効果を得ることができるようになっています。

 

 

医薬品とサプリメントのメリットとデメリットについて

 

精力剤には様々な製品がありますが、内容としては、医薬品とサプリメントに分けることができます。それぞれに、特徴も含めてのメリットとデメリットがあるために、内容を十分に理解したうえで使用することが大切なことになり、また、継続して使用することによって精力増強に効く商品もあり、使用方法に関しても確認をすることが必要になります。
まず、医薬品の精力剤の場合には、医師の処方が必要なものと必要でないものがあり、必要なものとしてはシルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物やタダラフィルといった有効成分が含まれているものとなり、勃起しやすくなるなど精力増強に効くものになります。処方が不要なものとしては、性ホルモン産生成分と呼ばれるテストステロンやメチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビン、ジゾノールなどが含まれています。メリットとしては特に処方が必要とされるものなどでは、とても強い効能を持つために、例えば、服用後30分〜1時間程度でその効果が現れることになり、薬が効いている間には、何度でもセックスが可能となります。デメリットとしては、医師の診察を受けた上で処方をしてもらう必要があることと、製品自体が効果となることや健康保険の適用外となることがあり、また、人によっては副作用の心配が必要となることがあります。
精力剤としてのサプリメントには様々なものが販売されており、その商品としてもスッポンを主としたものやマムシなど、また植物性ではニンニクやマカといった天然の成分が特徴となっています。
メリットとしては、健康食品扱いとなるために、副作用への心配が少なく安心して使用できることをあり、反面デメリットとしては過度の効能は期待が難しいことや、長期間での利用が必要になることをあげることができます。

このページの先頭へ